Top > Blog > 2013年

2013年

  • 13/10/05 - Swift Mailer のテキストメールで改行させない

    Laravel3 でのメール送信に Swift Mailer を使っているのですが、標題のとおり、text/plain なメール送信を行なう時に、本文が途中で改行されてしまう現象に出くわしました。

    ぐぐっても(見落としただけかもしれませんが)日本語では似たような現象への解決策はヒットしませんでしたし、英語のQAサイトなんかでも「text/htmlで送ると良いよ。本文は nl2br() かけて、改行コードを <br />に変換してね」なんて、それはちょっと違うだろうというような回答ばかりだったので、Swift Mailer のソースを読んでみたら、ちゃんとメソッドが用意されていました。

    // メッセージ作成
    $message = \Swift_Message::newInstance();
    $message
        ->setCharset($encode)
        ->setEncoder(\Swift_Encoding::get7BitEncoding())
        ->setSubject($subject)
        ->setFrom($from)
        ->setTo($to)
        ->setReturnPath($return_path)
        ->setBody($body, 'text/plain')
        ->setMaxLineLength(0); // <--これ
    

    一応ちゃんとドキュメントにも書いてありますね。

    ドキュメントには「引数に1000より大きい数を与えると、RFC2822に沿わなくなるので、サーバー側で長い行をカットする事もあるよ」のような事が書いてありますが、たいてい本文の改行位置はメールのテンプレートできちんと指定して整形していたりするので、ここは引数に「0」を与えて「無制限(=改行無し)」という事にしました。

  • 13/05/15 - Googleにつながらない

    突然、Google検索「だけ」ブラウザでアクセスできなくなったので驚きましたが、コマンドプロンプトで nslookup してみると…

    名前:    www.google.co.jp
    Addresses:  2404:6800:4004:801::1018
              173.194.38.127
              173.194.38.120
              173.194.38.119
    

    と、IPv6アドレスが先頭に来ていました。

    ネットワーク接続のプロパティで…

    ネットワーク接続のプロパティ

    IPv6のプロパティを選択し開いて、DNSに、Google Public DNS のアドレス…

    2001:4860:4860::8888
    2001:4860:4860::8844
    

    を指定すると、Googleにアクセスできるようになりました。

    Google Public DNSを指定

    焦った…^^;